松坂桃李と戸田恵梨香の交際はいつから?なぜ熱愛情報が表に出なかった?

日本中、いえ世界中を驚かせる、嬉しくおめでたいニュースが入ってきました。

2020年12月10日、俳優の松坂桃李さんと戸田恵梨香さんが電撃婚を発表したのです!。

12月10日午後8時ごろ時点で、世界で最もツイートされたワード「トレンド世界1位」に「戸田恵梨香」がツイートされたことから、世界でも注目されていたことがうかがえます。

松坂桃李さんと戸田恵梨香さんの熱愛報道は今まで一度も表に出ることはなく、この電撃婚は、世間の皆さんはもちろん、報道各社もとても驚いたといいます。

では、松坂桃李さんと戸田恵梨香さんの交際がスタートしたのはいつなのか、なぜ報道各社は熱愛情報をつかめなかったのか調査してみました。

スポンサーリンク

松坂桃李と戸田恵梨香の交際スタートはいつ?

まずは、二人はいつから交際がスタートしていたのか気になりますよね?

それでは、松坂桃李さんと戸田恵梨香さんの簡単な経歴から見てみましょう。

     松坂桃李(32歳)     戸田恵梨香(32歳)
1988年 10月17日 神奈川県生まれ 8月17日 兵庫県生まれ
2013年             ドラマ「花の鎖」で共演
2015年           映画「エイプリルフールズ」W主演
2019年 映画「新聞記者」主演 NHK連続テレビ小説「スカーレット」主演
2021年 主演映画公開予定 TBS系ドラマ出演予定

松坂桃李さんと戸田恵梨香さんは

2013年にドラマで共演、2015年に映画でW主演をしていますが、交際には発展していないようです。

映画でも、役作りのため

2018年半ばに知人の集まりで再会し意気投合。

2018年10月ごろ際がスタートしたのでは?と報じられています。

スポンサーリンク

なぜ各社は熱愛情報をつかめなかった?

松坂桃李さんと戸田恵梨香さんの熱愛情報は、報道各社はまさに寝耳に水だったと言います。

なぜ各社は熱愛情報をつかめなかったのでしょうか?

目撃情報がなかった

戸田恵梨香さんは、過去には目撃情報をもとに熱愛報道をされたこともあったそうです。

しかし、今回は 全く目撃情報がなかったので、お互い慎重に自宅をデート現場にしていたのではないかと思われます。

また、コロナで自粛モードもあり、それも相まって結婚への距離を縮めたのでは…ともいわれています。

同じマンションに住んでいた

松坂桃李さんと戸田恵梨香さんは2年前くらいから、同じマンションにそれぞれ別の部屋を借りて住んでいたそうです。

マンションの中まではさすがに、報道各社も入れませんよね…。

お互いの部屋を行き来することで、静かに愛を育んでいたんでしょうね。

共通の趣味がインドア

松坂桃李さんと戸田恵梨香さんの共通の趣味はゲームだそうです。

戸田恵梨香さんはお兄さんの影響で小学校1年生のときから「ぷよぷよ」をやりこんでいて、撮影のあいまにはなにかしらのゲームをプレイしたり、プライベートでもお風呂にゲームを持ち込むほど、ゲームにはまっていたといいます。

松坂桃李さんについては、その上を行くゲーマーで、「引きこもり体質」で知られています。

スマホゲーム「遊戯王デュエルリンクス」では、課金なしで「キング」という最高レベルに上り詰めたことから、プレイヤーの間では、「キング松坂」とよばれるほどの腕前です。

外で遊ぶより、家でゲームやDVDを見るのが好きという、引きこもり体質の松坂桃李さん。

インドアな趣味でおうちデートが多かったため、報道陣の目にはつかなかったことは、全然不思議なことじゃないですよね。

戸田恵梨香さんの父親にかん口令を敷いた

戸田恵梨香さんは恋愛において、とてもオープンな性格で、過去にも付き合っていた彼氏は、父親にもきちんと紹介していたようです。

そして、戸田恵梨香さんの父親もとてもいい人で、熱愛報道があると記者たちが事実関係を聞きに行くと、報じられていない彼氏のことまでしゃべってしまうということがありました。

それに対して戸田恵梨香さんが激怒し、「お父さん、もうなにもしゃべらないで!」と、父親にかん口令を敷いたと言います。

なので、父親からも、松坂桃李さんとの交際について記者にしゃべってしまうことがなかったのも、気づかれなかった要因といえるかもしれません。

まとめ

松坂桃李と戸田恵梨香が電撃婚、なぜ熱愛情報が表に出なかったのかというと

  • 目撃情報がなかった
  • 同じマンションに住んでいた
  • 共通の趣味がインドア
  • 戸田恵梨香さんの父親にかん口令を敷いた

ことが、報道各社にマークされることもなく、電撃婚に至ったのだと思われます。

なにはともあれ、本当にお似合いの非の打ちどころのない、美男美女カップル。

末永くお幸せに。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました