【ダイソー】バターケースが超便利!朝の時短を叶えた最強アイテムを紹介

この記事では次のことをご紹介しています。

  • 【ダイソー】バターケースの特徴
  • 【ダイソー】バターケースを使ってみたメリット
  • 【ダイソー】バターケースを使ってみたデメリット
  • 【ダイソー】バターケースが売っている売り場はどこ?

我が家の朝食は、食パンにバターを塗るのが定番です。

そこで、バターを入れるバターケースを探していたのですが、バターケースって以外といいお値段するんですよね。

しかし、先日ダイソーで見つけたバターケースは、お値段なんと110円(税込)!。

さらにとても使いやすく便利で、見た目もおしゃれだったので、使用してみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

【ダイソー】バターケースの特徴

  1. 色も白で見た目もシンプル
  2. バターカッター付きでバターを四角にカットできる
  3. バターカッターは中の溝にはめ込むだけの簡単収納
  4. 市販の200gのバターまで収納可能
  5. 使用可能と使用不可について

色も白で見た目もシンプル

ダイソーのバターケースは色も白一色で見た目もシンプル。

蓋の部分にはさりげなく「BUTTER」の文字が入っていますが、主張し過ぎないのが逆におしゃれです。

バターカッター付きでバターを四角にカットできる

ダイソーのバターケースで特に気に入ったのは、バターカッター付きだったことです。

200gのバターであれば、およそ10gずつにカットできると書かれています。

私が試しに切って量ってみたところ、8gにカットされました。

好みもあると思いますが、トースト一枚分だと8gのバターくらいがちょうど良いと感じました。
(10gだと少し多い気がしました。)

カロリーを気にする方も、わざわざ秤を使わなおおよその使用量の目安がわかるのは便利ですよね!

四角にカットでき、切り口も綺麗なのが嬉しいポイントです。

バターカッターは中の溝にはめ込むだけの簡単収納

ダイソーのバターカッターは、そのままバターケースの中の溝の部分にはめ込むだけなので、使用後もそのまま簡単に収納もできてしまいます。

バターカッターを使用する前に、水に濡らして軽く振って水気を落としてからバターを切ると、バターも切りやすく、バターカッターにバターがくっつきにくくなります。

そのまま収納もしやすくなり、おすすめです。

市販の200gのバターまで収納可能

200g以下のバターであれば、すっきり収まります。

よく売られている150gのバターでも試してみましたが、いい感じに収まりました。

あまりバターは使わない方でも、おしゃれにしっかり乾燥も防いでくれますよ。

使用可能と使用不可について

使用可能…食器洗い機・熱湯
※食器洗浄機や食器乾燥機を使用する際は、取扱い説明書に従って使用して下さい。

使用不可…レンジ・オーブン・直火

となっていますので、注意してご使用下さい。

また、耐冷温度は-20度、耐熱温度は100度となっていて、冷凍庫の温度は-18度程度なので、バターケースのまま冷凍保存も可能です。

直火でなければ、バターケースのまま湯煎もできそうです。

スポンサーリンク

【ダイソー】バターケースを使ってみたメリット

忙しい朝の朝食の準備で時短を叶えてくれます。

朝食の準備は、バターを用意する時間もササっと済ませたいですよね。

そんな時、バターケースさえ出せば、バターカッターも一緒に準備されていて、切り口も綺麗に、分量も考えずにだいたい5~10gのバターを切ることができるのは大助かりです。

これなら、バターケースごと食卓に出せば、小学生の子供でも、楽しみながら簡単にバターをカットして、自分のパンの上にのせることができます。

その間、ストレスなく違うことに時間が使え、朝の時短を叶えてくれる最強アイテムだと感じました。

【ダイソー】バターケースを使ってみたデメリット

我が家では特にデメリットは感じませんでしたが、200g以上のバターを収納することはできないので、バターの消費量が多く、500gなどの容量の多いバターをいつもストックしているという家庭には不向きです。

また、きちんと蓋を閉めずに蓋だけ持ちあげてしまうと、下だけ外れてバターが床に落ちてしまう…なんてこともあります。

ですので、必ず蓋はきちんと閉めたことを確認すること、持ち上げる時はケースごと持ち上げるように心がけることを意識して下さい。

【ダイソー】バターケースが売っている売り場はどこ?

ダイソーのバターケースが売っている売り場は、氷を作るためのアイストレーや、砂糖や塩を保存するケースなどの、保存容器が売られている売り場に売られています。

ダイソーに行った際は、保存容器が売られている売り場をチェックしてみて下さい。

まとめ

ダイソーのバターケースは、色も白でシンプルで、値段も110円というコスパのよさ。

バターケースには、便利で使い勝手のよいバターカッター付きなので、朝の時短を叶えてくれる最強アイテムです。

バターケースを探している方は、ぜひ一度、ダイソーのバターケースを試してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました